学科紹介

社会福祉学科

社会福祉学科では、人間を理解するための深い教養や専門知識、生活上のさまざまな問題をかかえる利用者を相談援助の専門職として支援する力を身につけます。また、これからの福祉社会のあり方を探る力も養い、国家資格である社会福祉士や精神保健福祉士の受験資格が取得できます。

学科長からのメッセージ  教授:三浦 剛

教授:三浦 剛 今、日本の社会福祉は大きな変わり目にきています。これまでの施設、介護あるいは高齢者、障がい者などというイメージから大きく離れた、私たち市民すべてが、高齢になったり、災害や失業に見舞われたり、生活に何らかの障がいが生じたりしても、地域でよりよい生活を続けていくことを支援する、「地域包括支援」システムの構築が求められているからです。
 この多職種、多機関で構成されるシステムの中で、期待される私たちの役割は、人々の生活ニーズを把握し、必要な支援を計画し、これらと結びつけること、そしてこれらの多職種、多機関の連携をコーディネートしていくことです。このような活動をソーシャルワークといいます。これからの私たちは、地域包括支援システムにおいてソーシャルワークを展開する、ソーシャルワーカーとなるのです。言うまでもなく医師や看護師など他の専門職と同様、「社会福祉士」「精神保健福祉士」資格を有していることは必要条件です。
 社会福祉学科では、これまでの社会福祉教育の伝統の上に、新たな時代に求められるソーシャルワーカーの養成とソーシャルワークという科学を教育していきます。みなさんもソーシャルワーク学生としての誇りを胸に、学習に、学問に励み、楽しんでください。資格は学修の結果についてくるものです。




福祉心理学科

福祉心理学科では、臨床心理・発達心理・社会心理など心理学の幅広い分野を基礎から応用まで学びます。ひとがなぜそういう行動をするのかという視点から心のメカニズムを学び、自己および他者を理解できる力を基礎に、調査・実験など実証的方法にもふれ、人々のかかえる心理的問題を解決する力、幸福感をもてるように貢献する力を育てます。

学科長からのメッセージ  教授:渡部 純夫

教授:渡部 純夫今、心理学が求められる理由
 「心理学」は、一人ひとりの個性を尊重し、その人らしい生き方が出来るようにサポートする学問です。未曽有の大災害を経験した今、個人個人の幸せを考え、福祉的貢献が出来る「心理学」が必要とされています。
 しかし、それを行う為には「心理学」についての高い専門性が必要になります。「心理学」は、人間研究の学問であり、理論的裏付けがあってこそ学問として成立します。通信教育部福祉心理学科では、そのような教育を提供したいと考えています。
福祉心理学科は、「心理実践力」をしっかりと身につけることを望みます
 理論は、人々の生き方を豊かにする実践と強く結びついていなければなりません。理論は実践に生かされてこそ価値を持つと考えられます。福祉心理学科は、実践に結びつく理論を、「心理実践力」として身につけられる教育をしたいと考えています。
 そして私たちは、人との関わりを通して成長していきます。その時、謙虚な姿勢で相手との関係を築いていくことが重要になります。福祉心理学科は、「心理実践力」をもとに、皆さんの人づくりを推進していきます。
扉は、開かれています
 心理学を真摯に学び、多くの人々が幸せになれる社会を作りたい、福祉心理学科はそんな熱い想いを持った皆さんを、待っています。




学生・卒業生の声

資格を取得して、キャリアアップ!

通信教育部で学ぶ約半数の方の目的は、社会福祉士、精神保健福祉士などを取得し、福祉の世界で専門職として活躍できるパスポートを手にいれることです。

知識ゼロで福祉分野に転職後、スキル・キャリアアップを目指そうと思い、通信教育部に入学しました。おかげさまで2年間で卒業し、福祉に関する幅広く深い知識・技術を身に付け、社会福祉士資格も取得できました。様々な福祉的課題を抱えている利用者とより直接的に接し、コミュニケーション力等を磨くべく、現場(特別養護老人ホーム)で奮闘しています。

知識や実践力アップのために入学しました。残業や家事などで勉強時間が作れず、何度もくじけそうになりましたが、仲間と励ましあいながらモチベーションを維持することができました。晴れて卒業証書を手にしたときの感動は今でも忘れられません。卒業後は、仕事への張り合いや楽しさが増し、自分の中の変化を実感しています。

実習先の児童養護施設のグループホームから声をかけられ、家事補助という立場で働いています。指導員とは異なる視点で子どもたちの様子を見ることによって、改めて社会福祉の必要性や子どもの心の理解の大切さ等、学ぶことが多いと思う毎日です。「児童・家庭福祉論」をはじめ、大学で学んだことが日々の生活で実践につながる事も多々あり、役立っています。

専業主婦10年目、福祉職未経験だった私が大学で学びたいと決意したとき、入学の条件として家族と約束したことは、「最短修業年限で卒業すること」「精神保健福祉士に合格すること」でした。スクーリングで出会い、時には厳しく励まし合った友人たち、家族の応援のお陰で無事に約束を果たすことができ、今は大学病院の医療ソーシャルワーカーとして日々頑張っています。

通信教育部で学び、自分の世界をひろげる!

通信教育部で学ぶ楽しみは、自分の職場・家庭などでの経験を学んだことと照らし合わせて相互に深めていけることです。そして、知識がひろがることは、自分の世界がひろがることです。

子育てや保育士として子どもや保護者と関わることすべてにおいて通信教育部での学びが役に立ちました。特に障害児や精神疾患を持つ子どもを持つ保護者の方との対応、職場の後輩への接し方においては、知識と経験が自信になりました。クレームへの対応などにおいても余裕を持って相手の話を聞くことができるようになりました。

大学の学びは実生活の人間関係の構築においてもとても役に立っています。発達課題を学ぶことにより、相手がどのような思考の持ち主か考えるようになりました。今までは自分の感情だけで人を判断していましたが人のタイプを知り、相手のことを理解しようとすることで、しっかりとしたコミュニケーションを図ることができます。

入学時、子どもがまだ小さく育児に専念する生活でした。スクーリングを受講してみると、家事育児以外の貴重な時間を過ごし、普段考えもしなかった分野の事柄について考える機会になりました。日常に貼りついていた自分の視点を大きく広げてくれたのが東北福祉大学通信教育部での学びの数々だったと感じています。

福祉心理学科に入学することで自分の価値観や意見の指針となるとても重要なことを数多く学ぶことができました。スクーリングに参加して、いろいろな先生の話を聞くことができた点も自分自身の成長の糧となりました。人間関係から人生設計まで学んだことを幅広くこれからの人生に活かして行きたいと考えています。