学生専用 「履修状況票web閲覧システム」入口

「履修状況票web閲覧システム」の概要

これまで在学生の皆様からご要望の多かった「履修状況票」がweb上で閲覧できるシステムの運用を開始いたします。
この閲覧システムのサーバー管理は、「TFU オンデマンド」システムと同じく「個人情報保護」の契約を結んだ上でネットレコーダー・ソリューションズ株式会社に委託しております。

【利用方法】

  • 「履修状況票web閲覧システム」のご利用はパソコンからのみとなります。携帯電話、スマートフォン、タブレットなどからのご利用はできませんので、ご注意ください。
  • 上記アクセス先にアクセスし、ログイン画面で「ログインID」「パスワード」を半角英数字で入力し、ログインすると、すぐにご自身の履修情報が表示されます。メニューには「履修情報」以外のボタンもありますが、現在ご利用いただけるのは「履修情報」閲覧のみです。
  • 履修状況票の各表示の詳細については、『学習の手引き』6章レポート学習 Ⅴ履修状況の通知 をご参照ください。

【注意事項】

  • ログイン上の制限について
  • 同時にログインできる人数は100名までです。100名以上はログインできませんので、その旨の表示が出たら、時間をおいてご利用ください。
    ログインしてから10分以上たつと自動的に接続が切断されます。

  • システム閲覧上のご注意
  • 「履修状況票web閲覧システム」はリアルタイムのものではありません。たとえばレポートの受付では大学にレポートが到着後2〜10日のタイムラグが発生します。
    下記の科目については、スクーリング受講が確定した後にレポートの受付が行われます。そのためレポートを提出されていても、履修状況票にレポート提出状況が反映されるのは、お申込みのスクーリング受講が確定した後となります。
     ・社会福祉援助技術演習A(演習Ⅰ)
     ・社会福祉援助技術実習指導A・B・実習
     ・精神保健福祉援助演習A
    別レポート提出前に提出された1単位分のレポートなども、受付まで大幅なタイムラグが発生します。

  • その他
  • 「履修状況票web閲覧システム」のメールアドレスやニックネームなどの情報は「TFUオンデマンド」(http://www3.netrecorder.jp/tfu/login)から平成26年10月上旬時点の情報を複写しています。 「TFUオンデマンド」と「履修状況票web閲覧システム」は連動しておりませんので、今後メールアドレス変更等は両システムで行っていただくようお願いいたします。 システムの修正などにより、予告なくシステム変更やアクセスの停止を行う場合がございます。
    本システムは卒業・修了以降、及び退学・除籍された場合(学籍異動承認後)は利用できません。

「パスワードの再発行について」

「履修状況票web閲覧システム」へのログインには、ログインIDおよびパスワードが必要です。
パスワードをお忘れや「ログインID・パスワード通知書」を紛失された方は再発行手続きが必要です。
下記の「履修状況票web閲覧システム パスワード再発行申請書(PDF)」に必要事項を記入し、再発行手数料500円(定額小為替証書を郵便局で購入、何も記載せず送付)を同封のうえ、事務局まで送付してください(返信用封筒不要)。

  • 再発行時には新しいパスワードが付与されます。それまでのパスワードはご利用できません。
  • 再発行は有料(500円)です。定額小為替を同封してください。
  • 再発行された「ログインID・パスワード通知書」は、現在登録されているご住所への送付となります。
  • 再発行には、1週間程度お時間をいただきます。