東北福祉大学 通信制大学院 通信教育部トップ 東北福祉大学トップ
CONTENTS

通信制大学院 教育研究上の目的・3つのポリシー


■社会福祉学専攻

概要(目的)

社会福祉に関連する分野で活躍できる高度な専門知識や技術を持つ研究者や実践者の養成を行っています。社会福祉学の修士課程では、社会福祉に関連する分野についての理論、制度・政策、実践を全般的に研究可能です。

入学に関する基本的な方針(アドミッション・ポリシー)

社会福祉に関連する学問分野において必要と思われる基本的な専門知識を修得していて、社会福祉に関連する諸問題を解決するための研究力あるいは実践力を修得することに意欲を持っている人を受け入れます。

教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

社会福祉に関連する学問分野の諸問題を解決するための研究力や実践力を修得すること及び学生の研究テーマに対応する個別指導を教育課程の編成方針としています。社会福祉の理論、制度・政策、実践についてオーソドックスな知識の修得とともに、現代社会の福祉問題の解決に取り組める研究及び実践的な力量の修得を目指しています。

学修の評価、学位の授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

修士課程の所定の科目を履修し、かつ社会福祉に関連する学問分野の諸問題を解決するための研究力や実践力を修得したと評価するに値する成果(修士論文)を提出できた人に修士の学位を授与します。

■福祉心理学専攻

概要(目的)

福祉心理学専攻は、福祉心理学を基礎として、広義の福祉に携わる人材を養成することを目的としています。特に臨床心理学、発達心理学領域において、広義の福祉に活動する人材を養成しています。

福祉心理学専攻修士課程は、福祉心理学に関する基礎的な素養を身につけ、広義の福祉に寄与する人材養成と、狭義の福祉に寄与する人材育成、すなわち人間が社会の中で発達段階(乳幼児期から高齢期)で直面する諸課題に対して、科学的に理解しその課題解決に合理的に支援する福祉心理学の知識・技能を身につけた即戦力のある専門家養成を目指しています。修了後は、公務員(心理判定員、児童相談員等)、施設(児童指導員、家庭福祉相談員等)、会社、福祉NPO法人など福祉に寄与する高度の専門家となることを目標としています。

その目的を達成するために、以下の3つのポリシーを掲げています。

入学に関する基本的な方針(アドミッション・ポリシー)

  1. ・自らの経験を検証・理論化し、実証科学的な実践をめざす人。
  2. ・人の尊厳を念頭に福祉的観点から人間理解への温かいまなざしをもち、福祉心理的援助ができる専門職をめざす人。
  3. ・福祉心理学の素養と臨床心理学、発達心理学の専門的知識や技法を幅広く習得したい人。
  4. ・社会的要請による新たな課題にも柔軟に対処できる福祉心理学の深化をめざす人。

教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

福祉心理学に関連する専門科目、演習科目、特別研究科目を必須科目として開設し、心理学に基づき発達・臨床の実践知を総合的に学ぶ。

学修の評価、学位の授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. ・心理学の基礎的素養と心理学に関する専門的知識と技術を修得している。
  2. ・福祉心理学に関する研究課題を自ら設定し、専門的知識と適切な方法を持って研究できる。
  3. ・福祉の対象である人・家族・地域・環境を対象にかかわる際の福祉心理学的実践力を修得している。

上記を修得したと評価するに値する成果(修士論文)を提出できた人に修士の学位を授与する。

COPYRIGHT (C) TOHOKU FUKUSHI UNIVERSITY 通信教育部トップ 東北福祉大学トップ