ご挨拶

星山幸男

駅前に建つキャンパス、その中にある小さな鉄道資料館です。

2007年3月18日、JR仙山線に「東北福祉大前駅」が開業しました。東北福祉大学ステーションキャンパスは、駅の真ん前に隣接して建てられた当学の新しい学舎です。その中に、小さな鉄道の資料館ができました。

名前は「鉄道交流ステーション」。

鉄道の歴史は、交通を発展させただけではなく、科学技術の進歩と深く関わり、一つの文化を各地に形づくり運んできた歴史でもあります。

このステーションは、東北各地の鉄道に関する資料を収集・保存して研究に寄与するとともに、地域の歴史文化を理解し大切にする心を育む場として、学生だけでなく、地域の皆さんにむけて開設されました。鉄道を通して多くの皆様の交流の輪が拡がり、大学が地域のお役に立てればと願っています。

なお、この資料館は、企画面において、「みちのく鉄道応援団」のご協力をいただきながら運営しております。

東北福祉大学・鉄道交流ステーション
運営委員長 星山幸男