第25回企画展
「鉄道の復興 その時、今、あした」

第Ⅱ期 鉄路の復旧と思いをつなぐ町づくり

-JR石巻線と女川町、JR仙石線と東松島市、JR常磐線と山元町・新地町-

poster

東日本大震災から4年、東北の鉄道の復旧はどこまで進んでいるのでしょうか。今回の企画展では、第1期と第Ⅱ期に分けて被災した鉄道の復旧までの足取りと現状を確認しつつ、新たに見えてきた課題について探っていきます。

第Ⅱ期では、壊滅的な被災を受け運休を余儀なくされた鉄道の被害の状況と、町づくりとあわせて進んできた復旧の足取りを、この春、全線復旧にたどり着いた石巻線と仙石線、そして2017年の復旧開業に向け急ピッチで工事が進んでいる常磐線(浜吉田~新地間)を中心にとりあげます。また、東北への動脈としていち早く復旧した東北新幹線の取り組みと、その他の線区の現状も紹介します。

人々は鉄道の復旧に復興への期待をかけています。線路がつながることで、希望を見出し、思いをつなぎ、新たな町づくりへ向かって動き出せるのです。

会場 東北福祉大学・鉄道交流ステーション 展示室
開催期間 第Ⅱ期 2015年8月4日(火)~11月7日(土)
開館時間 午前10:00〜午後4:00
休館日 毎週 日曜日、月曜日、祝日

臨時開館:10月18日(日)(くにみ街道まつりのため)
     10月25日(日)(大学祭のため)

臨時休館:8月11日(火)~15日(土)(お盆休館)
     10月20日(火)(10/18の代休)
     10月27日(火)(10/25の代休)
入場料 無料
主催 東北福祉大学・鉄道交流ステーション
協力 国土交通省東北運輸局、JR東日本仙台支社、東松島市、女川町、山元町、新地町、(第Ⅰ期)JR貨物東北支社、三陸鉄道、仙台空港鉄道、仙台臨海鉄道
後援 国土交通省東北運輸局、宮城県教育委員会、 仙台市教育委員会、河北新報社、東北鉄道協会、(社)交通環境整備ネットワーク、みちのく鉄道応援団

関連行事

講演会

第Ⅱ期:日時 10月10日(土) 午後1:00〜
会場:東北福祉大学ステーションキャンパス館 S301教室
 「東日本大震災の体験から」五十嵐 一博 氏 東日本旅客鉄道 前仙台運輸区長
 「自然災害と鉄道の防災・安全対策」丸山 哲夫 氏 東日本旅客鉄道 本社安全企画部
 「津波被災を受けた常磐線の移設復旧工事と地域との関わり」石川 文雄 氏 東日本旅客鉄道 東北工事事務所

定員100名(予約不要)、入場無料

Nゲージ模型レイアウト

模型

今期のNゲージ模型台は、これまでの常設のレイアウトを一新して、展示資料の工事が進む新しい常磐線の模型を中心に組み直したレイアウトを運行します。