第14回企画展
「鉄道交流ステーション収蔵資料展」

poster

一口に「鉄道関係資料」と言っても、さまざまなものが含まれます。例えば、機関車のナンバープレートや列車の行き先表示板、ヘッドマーク、各種部品、駅名票、タブレット(通行票)や信号機、線路、制服・制帽、鋏や手旗などの道具、沿線案内や路線地図、車両の図面、ダイヤ、辞令・研修用教本など鉄道会社の内部資料、切符類、写真、模型、文献など・・・。実に多種多様、鉄道文化の広範さや奥深さを示しています。

鉄道交流ステーションも開館から5年、これまで市民の方から思いのこもった鉄道資料を寄贈していただく機会もありました。今回の収蔵資料展では、そんな寄贈資料を含め、当館が所蔵している資料の中から、これまであまり展示室に登場しなかったものを中心に、幅広く紹介します。これらの資料は時々の時代状況を映し出し、わが国がたどってきた発展の歩みを伝えてくれます。鉄道資料が持つ多様な価値をみていただきたいと思います。

主な展示資料

  • 腕木式信号機の腕木、タブレットとケース、タブレット閉塞器
  • 切符販売箱、改札鋏、日付入れ機
  • 駅名票(柱用)、列車乗車口案内板
  • ダイヤ、辞令(鉄道省、宮城電鉄ほか)、研修用教書
  • 制服、ネクタイピン、時計
  • ナンバープレート、ヘッドマーク、サボ(種別板・行き先・愛称板)

●親子で楽しもう!Nゲージ模型レイアウトも常時運行中

模型

実施期間

2012年1月17日(火)~3月10日(土)

開館時間

午前10:00~午後4:00

休館日

毎週 日曜日、月曜日、祝日。

臨時休館

1月31日(火)~2月1日(水)(入学試験のため)
2月18日(土)~21日(火)(入学試験のため)

入場料

無料

主催

東北福祉大学・鉄道交流ステーション

後援

みちのく鉄道応援団