第12回企画展
シリーズ・旅の脇役たちNO.1 駅弁の今昔

poster

鉄道交流ステーションでは初めての試みとしてシリーズ企画展「旅の脇役たち」を開始します。このシリーズ企画では、旅の楽しみを彩る様々な鉄道ならではの脇役を特集していきます。その第一弾として取り上げるのは「駅弁」。「駅弁」のはじまりは明治18年に宇都宮駅でにぎり飯を竹の皮で包んだもので、折り箱に入った幕の内風で今の駅弁の原型といわれるのは、明治23年に姫路駅で売り出されたものといわれています。そして現代、仙台駅は「駅弁」の種類が日本一多いことで知られています。

この企画展では、「駅弁」の魅力を多角的に紹介し、旅の名脇役としての駅弁の魅力を再発見していきます。また、ビジネスや観光と駅弁の関係や、豊富な食材に恵まれた東北の特徴も駅弁を通して見ていきます。さらには、駅弁ビジネスの諸相もご紹介します。

主な展示資料

  • どの駅にどんな名物駅弁が?駅弁マップ
  • 昔懐かし名物駅弁の掛け紙のいろいろ。
    地元の食材や文化を活かした各地の名物駅弁
    イベントに合わせて企画された駅弁
    ユニークなデザイン
    戦前・戦後の駅弁などなど
  • 全国の駅弁容器のいろいろ
  • お茶容器の変遷
  • 立ち売りの衣装や道具
  • 駅弁販売の変遷と駅弁ビジネスの今

実施期間

2010年12月1日(水)~2011年3月5日(土)

開館時間

午前10:00~午後4:00

休館日

毎週 日曜日、月曜日、祝日。

臨時休館

12月25日(土)〜1月10日(月)は年末年始休館
1月15日(土)はセンター試験のため休館
1月29日(土)は大学A日程入試のため休館
2月18日(金)〜19日(土)は大学B日程入試のため休館

入場料

無料

主催

東北福祉大学・鉄道交流ステーション

後援

みちのく鉄道応援団、(社)日本鉄道構内営業中央会東日本地区本部東北支部

協力

(株)こばやし