第1回企画展
「仙山線のあゆみ」

東北福祉大学・「鉄道交流ステーション」の開設を記念する第1回目の企画展として、「東北福祉大前」駅がある「仙山線」の展覧会を開催いたしました。「仙山線」は、現在は通勤通学の足として身近なローカル線というイメージがありますが、新幹線など今日の鉄道高速化の礎となった「交流電化」を日本で初めて実施した、鉄道史上、重要な路線でもあります。

そこで、たくさんの写真パネルや関連資料から仙山線の歴史の足跡をたどりました。

また、仙台車掌区で使用された車両関係資料や駅関係資料のコーナーや、さらに、3月18日の「東北福祉大前」駅開業式で1日駅長の大役を務められた元プロ野球選手の佐々木主浩氏が着用した駅長制服など、東北福祉大らしい資料も展示されました。

実施期間

2007年5月19日(土)~2007年7月14日(土)

開館時間

午前10:00~午後4:00

休館日

毎週 日曜日、月曜日、祝日。

入場料

無料

主催

東北福祉大学・鉄道交流ステーション

後援

みちのく鉄道応援団

協力

JR東日本仙台支社