鉄道交流ステーションの資料収集について

鉄道交流ステーションは、仙山線など東北各地の鉄道に関する資料を収集・保存して研究に寄与するとともに、展覧会等を通じて、地域の歴史文化を理解し大切にする心を育む場として、学生のみならず、地域の皆様に利用していただけるようにとの目的で運営しております。

現在、当ステーションが所蔵している資料、また、展覧会のためにお借りしている資料のほとんどは、「みちのく鉄道応援団」をはじめとする鉄道ファンの皆様や、元鉄道のお仕事に従事されていた方々のご厚意により集められた資料が中心です。

日本の近代化に大きく寄与してきた「鉄道」にまつわる記憶や思いが込められ、受け継がれてきた様々な鉄道資料(鉄道文化財)を、記録として次世代に手渡していけるよう、大切に保存して参ります。

また、眠っている東北の鉄道資料の収集にも努力して行きますので、お手持ちの資料や情報がありましたら、鉄道交流ステーションまでご連絡いただければ幸いです。