1. ホーム
  2. 研究・社会貢献
  3. 産学官連携プログラム
  4. 先進ICTを活用した「高齢者遠隔運動指導・管理サービス」の研究開発
研究・社会貢献

先進ICTを活用した「高齢者遠隔運動指導・管理サービス」の研究開発

東北福祉大学と(株)富士通システムズ・イーストの共同研究から生まれたヘルスケアソリューション「RehaYell(リハエール)」が生まれた。

リンゴゲームや綱渡り、足上げゲームなどを通して、本人ばかりでなくグループ全体で楽しめる。加えて個人のバランス能力や筋力アップにつながり、転倒防止やリハビリ効果も見られることから、高齢者の幅広い利用が期待されている。

ゲームを楽しみながら「健康増進と介護予防、ストレス発散に役立つ」と高齢者をはじめ、体験会を開いた介護事業者から好意的な声が寄せられている。

共同研究のテーマ

先進ICTを活用した「高齢者遠隔運動指導・管理サービス」の研究開発

目的

今後日本は、総人口が減少する中で超高齢化が急速に進展すると言われている。被災地においては特に高齢者の健康問題は深刻である。

被災地等の高齢者が楽しく体感型ゲームを行うことで、運動機能の維持・向上が得られ、また、健康状態を自動で毎回記録することができるクラウドサービスの構築及び事業化に向けての可能性の検討を目的とする。

共同研究の必要理由

本学の体感型ゲームを用いた高齢者遠隔運動介入研究の成果と、(株)富士通システムズ・イースト社のICT技術及び事業化ノウハウを活用することにより、日本と世界に貢献できる革新的な介護予防サービスを創出できる可能性がある。

実施場所

東北福祉大学 感性福祉研究所

関連リンク

公開日:2015年10月6日

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.