1. ホーム
  2. 大学紹介トップ
  3. ニュース一覧
  4. 記事詳細
ニュース

軟式野球部・小笠原、坂本内野手が日本代表で出場
小野コーチが指揮/大学軟式野球国際親善試合


大学軟式野球日本代表として国際親善試合に出場した
小笠原選手(左)と坂本選手


現地での練習で軽快な守備を見せる小笠原選手


試合でシャープなスイングを披露する坂本選手


1日4試合の強行日程も4連勝した日本代表

12月11日に米国グアムで開催された第2回大学軟式野球国際親善試合に、日本代表として本学軟式野球部から小笠原理貴内野手(産マネ3年)と坂本一真内野手(社福2年)が出場、小野昌彦コーチが2年連続で代表監督を務めた。

試合は、7回戦を1日4試合行う強行日程。小笠原選手は三塁手として、坂本選手は二塁手として2試合スタメン、1試合途中出場とともに3試合ずつ出場し、チームの4連勝に貢献した。今回が初めての代表入りとなった小笠原選手は「周りのレベルが高い中でやらせてもらいましたが、その中でも細かいプレーを丁寧にやる自分の持ち味を出すことができました」と胸を張った。

昨年に続き出場した坂本選手は2年連続で本塁打を放った。「去年は先輩に頼りっぱなしでオドオドしていましたが、今年は練習中も積極的に声を出してコミュニケーションを取ることを心がけた。人間的に成長できました」と結果よりも、練習も含め約1週間に渡った遠征を振り返り、収穫を語った。

選手団は5日に出発、12日に帰国。グアムでは強化練習に加え、日本人学校の児童や現地の子どもたちに野球教室を行った。そのためか「試合にも多くの地元の観客が来てくれて『日本頑張れ!』と応援されました。その中でプレーできて、本当に良かった」と小笠原選手は、野球普及を兼ねた今回の遠征を充実した表情で振り返った。

日本一奪還を目指す来年の自チームでは、小笠原選手が主将を務め、坂本選手は野手の中心となる。小笠原選手は「他大学の監督や主将から、福祉大がどう見えてるかを聞けた」、坂本選手は「気持ちの面から変えていかないと、上には行けない」とそれぞれ代表経験で得たものをチームのプラスとするつもりだ。

試合結果(12月11日)

日本代表10−0ジャイアンツ
日本代表 9−0チーフス
日本代表 8−4クルセイダース
日本代表 5−1キャニオンズ

公開日:2016年12月27日

情報発信元

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 総務部広報課

TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.