1. ホーム
  2. 大学紹介トップ
  3. ニュース一覧
  4. 記事詳細
ニュース

藤本選手がチームの主将として出場
リオデジャネイロ夏季パラリンピック・車いすバスケットボール競技


藤本怜央選手


佐藤あり紗選手と池田勇太選手

リオデジャネイロ第15回夏季パラリンピックの車いすバスケットボール競技に、日本代表チームの主将として藤本怜央選手(平17社福卒)=宮城MAX所属=が出場します。178カ国が参加する今パラリンピックは9月7日から18日まで開催。車いすバスケットボールは8日に開幕です。

大学入学と同時に車いすバスケットボールに出合い、競技人生がスタート。3年次の2004年、アテネ大会で初出場し、4度目の今回は「卒業してからちょうど10年になり、お世話になった皆さんに感謝しながら熱く闘います。日本の大黒柱としてベストを尽くし、プレーを楽しみたい」とチームを引っ張る意気込みを話しました。

皆さまの応援をよろしくお願いいたします。

なお、8月5日に開幕したリオデジャネイロ五輪(21日閉幕)に、バレーボール女子日本代表として本学OGの佐藤あり紗選手(平23社福卒、現日立リヴァーレ)が出場しました。女子バレーボール部では、ソウル、バルセロナ五輪に出場し、現在本学で監督を務める佐藤伊知子准教授以来2人目の五輪選手でした。

また、プロゴルファー池田勇太選手(平19社福卒)が世界ランキングを基に、日本代表として出場し、通算3アンダーの21位と健闘しました。

公開日:2016年8月29日

情報発信元

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 総務部広報課

TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.