1. ホーム
  2. 大学紹介トップ
  3. ニュース一覧
  4. 記事詳細
ニュース

硬式野球部が1回戦完勝〜全日本大学野球選手権〜


6回1安打無失点と好投したエース城間投手


4回表二死、先制三塁打を放った井澤外野手は
ガッツポーズ


9回無死一塁、右翼へ豪快に2ランを放つ浅沼外野手

全日本大学野球選手権に仙台六大学野球連盟代表として3年ぶり31度目出場の硬式野球部が6月7日、東京ドームで東京農業大学北海道オホーツクと1回戦を戦い、6安打ながら効果的に点を重ね5−0で完勝、2回戦に駒を進めた。

3回まで無安打に抑えられた打線だったが、4回表二死、3番・楠本泰史内野手(情マネ3年)がチーム初安打となる三塁線を破る二塁打。続く4番・井澤凌一朗外野手(情マネ4年)が左中間へ三塁打を放ち、1点を先制した。

6回表に5番・浅沼佑亮外野手(社福4年)の中前適時打で2ー0とすると、7回表は主将の7番・長坂拳弥捕手(情マネ4年)が左翼へソロ本塁打を放ちリードを広げた。9回には5番・浅沼が、選手権大会での本学通算40号となる2ランを右翼席へ運び、駄目押しした。

先発した右腕の城間竜兵投手(情マネ4年)は、低めへの変化球と両コーナーに投げ分ける抜群の制球力で5回まで無安打。6回二死に初安打を許したが、6回1安打無失点とエースにふさわしい投球を披露した。後を受けた投手陣も盤石の内容で、4投手のリレーで2安打完封勝ちを収めた。

2回戦は8日、東京ドーム第3試合の午後2時から九州産業大学(福岡六大学)と対戦する。

東北福祉大学   000101102ー5
東京農業大学北海道000000000ー0
【福】○城間、大園、津森、波多野ー長坂
【北】●宮本、岡本、藤谷、諸見里ー石井
本塁打=長坂、浅沼(福)、三塁打=井澤(福)、二塁打=楠本(福)

昨秋就任し、全国初勝利となった大塚光二監督「うれしいです。春からここ(大学選手権)で勝つことを目標にやってきましたから。城間は立ち上がり力が入っていたけど、さすがです」

ソロ本塁打に加え好リードを見せた長坂主将「監督に白星をプレゼントできてうれしい。(本塁打は)何も考えず、振り切りました」

1年時以来の勝利投手となった城間投手「監督が信頼してくれているので、その期待に応えられてホッとしています。(1安打無失点は)1点を先にやらないぞ、と思ってやった結果です」

先制三塁打を放った井澤外野手「最高ですね。4番で使ってもらっているので、チームのためにと思ってバットを振り続けてきた。結果が出て良かった」

2安打3打点と活躍した浅沼外野手「(本塁打は)甘い球が来たら行こうと思っていた。手応えも良くて、行った、と思いました」

公開日:2016年6月7日

情報発信元

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 総務部広報課

TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.