1. ホーム
  2. 大学紹介トップ
  3. ニュース一覧
  4. 記事詳細
ニュース

軟式野球部・宮本投手、坂本内野手が日本代表で出場
小野コーチが指揮/大学軟式野球国際親善試合


日本代表としてグアムでの遠征試合に臨む
左から坂本内野手、小野監督、宮本投手

12月12、13日に米国グアムで開催される第1回大学軟式野球国際親善試合に、日本代表として本学軟式野球部から宮本拓人投手(産マネ2年)と坂本一真内野手(社福1年)が出場する。代表監督を務めるのは、本学の小野昌彦コーチ。一行は8日に現地へ出発、4試合行い14日に帰国する。

宮本投手は最速143キロを誇る右腕。11月の東日本インカレでは右肘の状態が思わしくなく登板がなかったが「7割程度で投げられる。三振を狙わず打ち取る投球をしたい」と自身初の海外遠征試合に腕をぶす。

一方、坂本選手は中学のシニア時代以来という海外での試合。「守備には自信がある。チームにどう貢献できるか、考えながらやりたい。(小野)監督がいつもを知っている分、求められるものが高くなると思う。その期待に応えたい」と意気込んだ。

今回は野球の普及も兼ね、現地の日本人学校で小学生に野球教室も行う。宮本投手は「野球を楽しんでもらうこと。打つにも投げるにも、1つだけでも『楽しい』と思ってもらえれば」、坂本選手は「ヒットなしでも1点をどう取るか。日本のプレースタイルを教えたい」と意欲を見せた。

小野監督は過去代表で7度コーチを務め、今回が“初采配”となる。「軟式野球を学生スポーツとして認められるよう、全日本大学軟式野球連盟も力を入れています。その中で、うちの大学の選手がリーダーシップを取ってほしい。日本の野球は守って勝つのが主流。それを2人は体現できると思っています」と期待を込めた。

公開日:2015年12月4日

情報発信元

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 総務部広報課

TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.