1. ホーム
  2. 大学紹介トップ
  3. ニュース一覧
  4. 記事詳細
ニュース

松山選手が萩野学長に近況報告 労いのことばを贈られる


萩野学長(右)から労いの
言葉を贈られた松山選手

今季、米ゴルフツアーのメジャー大会、マスターズで自己最高の5位に入った松山英樹選手(平25社福卒)が7月29日、東北福祉大学を訪れ、学長室で萩野浩基学長に近況報告をした。

萩野学長から「卒業生の活躍はうれしい。本当によく頑張っている。これからも体調管理に気をつけて」とねぎらいの言葉を贈られた。

4月のマスターズ以降、6月の全米オープン、7月の全英オープンでともに18位タイと四大メジャー大会で存在感を発揮する松山選手。

全英オープン終了直後の7月23日には、今季国内ツアー初出場となるダンロップ・スリクソン福島オープンに出場。連戦の蓄積疲労が残る中、最終日に自己最多の1ラウンド10バーディーをマークし、3日目25位から9位に躍進するなど、詰めかけた大勢のファンを魅了した。

試合後、「東北の人々の声援が後押ししてくれた。プレーしただけで“ありがとう”と言ってくれ、うれしかった」と笑顔で話したように、愛する東北の地で喜んでもらえたことが一番の収穫だった。

8月6日、米国でのブリヂストン招待、続く13日からのメジャー最終戦、全米プロ選手権に向け、つかの間の日本滞在の中で、鋭気を養っている。

公開日:2015年8月3日

情報発信元

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 総務部広報課

TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.