1. ホーム
  2. 大学紹介トップ
  3. ニュース一覧
  4. 記事詳細
ニュース

中村哲氏の特別講演「アフガンに命の水を」開催 800人が参加


穏やかな口調ながら重みのある言葉を語り続けた中村氏


学生、市民ら800人が中村氏の講演に聞き入った

アフガニスタンで医療活動や水源確保事業に取り組む「ペシャワール会」現地代表の医師・中村哲氏による講演「アフガンに命の水を」が6月10日、東北福祉大学音楽堂けやきホールで行われた。2003年にアジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞を受賞した同氏の来訪に、学生、教職員、一般合わせ約800人の聴衆が会場を埋めた。

中村氏は1984年にパキスタンでハンセン病患者の治療を開始。91年にはアフガニスタンに診療所を設け医療活動を行ってきたが、2000年の大干ばつによる飢餓で「診療所の周りで次々と村が消えていき、わずか数カ月で砂漠になった」。翌年には同時多発テロの報復から、飢餓はさらに深刻化した。

これらを機に「100の診療所より1本の用水路」とほぼ独学で水源確保事業に乗り出した。「緑の大地計画」としてアフガニスタン東部を中心に飲用水の井戸や農業用水路の掘削に着手。大洪水と干ばつを繰り返す現地で、およそ220年前の江戸時代に造られた筑後川の斜め堰を参考にしたという、日本の知恵が活用された貴重な話も披露された。

用水路周辺に防砂林として植樹を続け、水源確保事業は大規模な緑化事業へと発展し「自然の恵みの偉大さをあらためて実感した」が、干ばつと砂漠化、農村の荒廃と飢餓は現在も進行中だと強調。「人と争っても、自然と争っても解決はしない。支え合うことによって人は救われる」と示唆に富む言葉で締めくくった。

公開日:2015年6月10日

情報発信元

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 総務部広報課

TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.