1. ホーム
  2. 大学紹介トップ
  3. ニュース一覧
  4. 記事詳細
ニュース

剣道ラトビア代表が来日、世界大会に向け本学で合宿
〜剣道部金部長らが同代表コーチなどに派遣〜

5月29日から31日まで開催される第16回世界剣道選手権大会(東京・日本武道館)のラトビア剣道ナショナルチーム(以下代表)に、東北福祉大学特任准教授の剣道部・金義信(こん・よしのぶ)部長がコーチとして、本学職員のアレクセイ・コノネンコさんが通訳として派遣される。

男子5人、女子1人のラトビア代表は20日に来仙し、合宿を開始。21日は本学武道場の武徳館で、剣道の授業に参加するなど学生と交流を深め、短剣道の講習会と昇段審査会にも臨んだ。同代表の本学を中心とした仙台での合宿は、22日まで行われる。


剣道の授業に参加し、記念撮影に収まるラトビア代表選手と学生たち

短剣道の講習会に臨んだラトビア剣道代表の選手

ラトビア代表のコーチに派遣される剣道部・金部長(左)と通訳を務めるコノネンコ氏
公開日:2015年5月21日

情報発信元

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 総務部広報課

TEL:022-717-3345
FAX:022-233-3113

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.