図書館TOP > 本学で学びたい方

 東北福祉大学図書館の概要

東北福祉大学の母体である栴檀学園は明治 35年9月曹洞宗第二中学林として発足したもので、昭和初年校地を仙台市西郊の荒巻西山に移すとともに、栴檀中学と改め、昭和 33年東北福祉短期大学を設置したが、37年4月昇格して現校名となり、佛教精神を基調とする社会福祉事業専門職員の育成に努め てきました。

その図書館は昭和33年の短期大学開設にあたって、栴檀高校の蔵書を基礎に和洋の専門図書を加えて開設したもので、37年に書庫 を新築、42年には閲覧室・事務室等を鉄筋2階建に増改築し、その後も増改築をし施設の拡充を図り、学生・教職員の利用に供して きました。

現在の図書館は、教育・研究、学習に必要な図書およびその他の資料を収集、管理し、その利用に供するとともに地域の知の拠点とし ての地域社会に貢献することを目的として運営されています。

施設は、地上3階(一部4階)建てに閲覧室・書庫・ブラウジングルーム・貴重書庫などを設けています。

図書館の蔵書は、各学部の学習に関連性のある分野と一般教養としての分野を中心に構成されていて、現在図書約40万冊・雑誌約 5,000タイトル以上・その他視聴覚資料などを有しています。

特色のある資料群としては、東日本大震災関係資料、4,500冊を超える絵本・紙芝居などがあります。

さらに、年間をとおして企画展示を行っており、好評を得ています。

キャンパス見学会などの際にはぜひお立ち寄りください。