こころ、安らぐ。─一人ひとりをたいせつにしてあたたかい医療を提供します─

せんだんホスピタルの特色

複雑・多様化する現代社会に対応する医療

子どもから高齢者まで、そして急性期から回復期まで、幅広く対応します。

訪問医療体制の整備

患者さまが地域で暮らしていけるように、包括型地域生活支援(ACT)部門※を設置し、365日24時間体制で患者さまの地域生活を支援します。

※包括型地域生活支援プログラム(ACT:Assertive Community Treatment)とは重い精神障害をもつ人たちでも住み慣れた地域で安心して暮らし続けていけるように、多職種のスタッフが積極的に訪問し、包括的なサービスを直接提供するプログラムです。

児童思春期精神疾患への対応

児童思春期病棟を設置し、子どもたちとご家族を支援します。
また、入院中の子どもたちのために院内学級も設置しています。

多職種によるチーム医療

医師(精神科医8名、内科医1名)、看護師・薬剤師のほか、精神保健福祉士・作業療法士、臨床心理士・管理栄養士などの、さまざまな専門職が連携し、総合的視点から治療を行います。

地域への還元

こころの健康増進・認知症の介護予防などについて最新の知見を地域の皆さまにお届けします。

専門職養成のための実習の場

保健・医療・福祉各領域の専門職をめざす学生たちに実習の場を提供します。

関連グループ施設等との連携

関連グループ施設等との連携ページ