こころ、安らぐ。─一人ひとりをたいせつにしてあたたかい医療を提供します─

『平成28年度 第7回家族教室』開催

平成28年度の第7回家族教室についてご報告いたします。今回は1/17に「希望ととも歩む」をテーマに仙台スピーカーズビューロー(SB)の川村有紀さんにお話いただきました。

SBとは精神保健と精神障害に関する啓発を目的とした体験者のグループです。精神疾患を経験した当事者が、病気になったことで経験した自身の体験を一般に向けて語る講演活動を行い、精神保健に対する正しい知識の普及をめざしています。仙台においては、仙台市より東北福祉大学が委託され運営している「メンタルヘルスプロモーションセンター」を拠点に活動を展開しています。

講演のなかで、ご家族の方にお願いしたいこととして、子どもと密着しすぎないためにも、自分の時間(仕事や趣味、家族教室など)を楽しむ時間ももつことの大切さ。そして、今までの親のかかわりや育て方が悪かったと自分を責めないで欲しいことが語られました。

参加者からは「とても心に残る内容」「親として本当に心にしみました。」「強い希望を持ち続けられて、素晴らしいと思いました」など感想が寄せられました。


※クリックで拡大

平成28年度開催予定

平成28年度の開催予定は以下のとおりとなっております。
次回が今年度の最後の開催となります。2月21日(火)、当院2階大会議室にて10:30~開催します。皆様のご来場をお待ちしております。

開催日 内容
1 2016年7月19日 統合失調症について
2 2016年8月9日 統合失調症の治療について
3 2016年9月20日 ご家族ができることって?(対処の工夫)
4 2016年10月18日 お薬の上手な活用方法
5 2016年11月15日 再発予防のためにできる工夫
6 2016年12月20日 よりよい生活をおくるための社会資源
7 2017年1月17日 当事者の体験から学ぶ―何が回復に役立ったか―
8 2017年2月21日 ご家族が元気を保つためにできること

※家族教室資料は、当院受付においてあります。ご自由にお持ち下さい。