こころ、安らぐ。─一人ひとりをたいせつにしてあたたかい医療を提供します─

第7回 家族教室開催 [2014・01・21]

教育セッションの内容 『再発予防について』
看護師  田口 未央、佐藤 恵、伊藤 梓

 7回目となる家族教室が1月21日(火)に開催され、31名のご家族の参加がありました。

 今回は、『再発予防について』をテーマに、まず「再発を防ぐためのポイント」が紹介され、その中から、「再発のサインを見逃さないこと」「再発を近づけないコツ」について、具体的な例が提示され、説明がありました。

 また、たまっているストレスを「ダム」に例え、「ストレス対処モデル」が紹介され、①堤防を高くすること(服薬)、②たまっている水を出すこと(ストレス対処)、③入り込む水を少なくする(環境調整)が必要であることが、視覚的にわかりやすいツールを用いて、説明されました。

 さらに、講義の中で、「幻聴体験」のDVDを見ていただき、実際に当事者がどのような状況にあるかを擬似的に体験する機会もありました。

 参加された方からは、「本人の苦しさを体験できたようだった」「当事者本人の立場に立って思いやること、寄り添っていくことが必要だと感じた」など感想が寄せられました。

 次回は、2月18日(火)に開催します。今年度最終回となります。スピーカーズビューローの方たちを招き、当事者の体験をお話して頂きます。皆様のご参加をお待ちしております。

スピーカーズビューローとは:精神障害者本人が自らの体験や思いを講演し、精神保健福祉に関する正しい知識の普及をしていく活動です。

 

※家族教室の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。