1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 総合福祉学研究科
  4. 福祉心理学専攻
学部・大学院

福祉心理学専攻

概要(目的)

福祉心理学専攻は、「福祉心理学分野」と「臨床心理学分野」の2つの分野から構成されています。

  1. 福祉心理学分野は、福祉心理学を基礎として、広義の社会福祉に携わる人材を養成することを目的としています。特に発達心理学領域、環境心理学領域、教育心理学領域、健康心理学領域における広義の福祉に活動する人材を養成しています。
  2. 臨床心理学分野は、心理的な困難や苦痛を抱えている人を対象に心理検査や心理面接等を用いてこころの回復を援助することを目的としています。
    (財)日本臨床心理士資格認定協会より「Ⅰ種指定校」の認可を受けています。

福祉心理学分野

概要(目的)

福祉心理学分野修士課程は、心理学に関する基礎的な素養を身につけ、広義の社会福祉に寄与する人材養成、すなわち人間が社会生活を営む中で直面する諸課題に対して科学的に追求しその解決に取り組むことができるよう援助する人材の養成を目指しています。修了後は、発達領域、教育領域、司法領域、産業領域での福祉に寄与する高度の専門家となることを目標としています。

その目的を達成するために、以下の3つのポリシーを掲げています。

入学に関する基本的な方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 自らの経験を検証・理論化し、実証科学的な実践を目指す人。
  2. 人の尊厳を念頭に福祉的観点から人間理解への温かいまなざしをもち、発達臨床的な心理的援助ができる専門職をめざす人。
  3. 応用心理学たる福祉心理学の専門的知識や技法を幅広く習得したい人。
  4. 社会的要請による新たな課題にも柔軟に対処できる福祉心理学の深化をめざす人。

教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

応用心理学たる福祉心理学を広範に学び福祉心理学の素養と専門知識の習得するための科目、修士論文の執筆・作成支援のための心理学研究法に関する科目、学生の卒業後のキャリア形成及び専門性の深化を支援するための科目という3つの科目種からなるカリキュラムを提供しています。

学修の評価、学位の授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 心理学の基礎的素養と臨床発達心理学に関する専門的知識と技術を取得している。
  2. 福祉心理学に関する研究課題を自ら設定し、専門的知識と適切な方法を持って研究できる。
  3. 福祉の対象である人・家族・地域を対象にかかわる際の実践力を習得している。

臨床心理学分野

概要(目的)

臨床心理学分野は、臨床心理学の視点から医療領域、教育領域、福祉領域、法務領域、私設領域等に専門家として活躍できる人材養成をめざしています。臨床心理学分野では、心理面接、心理査定、コンサルテーション、研究の4つの柱を有機的に実践と研究をおこないます。附属の「臨床心理相談室」での面接担当、外部の実習を通して、臨床心理学の実践力ならびに研究能力を高めていき、専門家として求められる能力の基礎を身につけていきます。

その目的を遂行するために、以下の3つのポリシーを掲げています。

入学に関する基本的な方針(アドミッション・ポリシー)

臨床心理学分野では、以下のような能力・意欲等を持った院生を求めます。

  1. 心理学の基礎知識を備えた上で、臨床心理学の専門領域に強い関心を持ち、その専門的知識と実践の習得に強い意志を持っている人。
  2. 基礎的心理学の知識の上にさらに臨床心理学の研究・実践を深めていく研究能力と論理的思考を備えている人。
  3. 心理的に困難を抱えている人に臨床心理学の研究・実践を行う場合、その人の人権を尊重し、基本的倫理観を持ち、現実的対応能力と社会的スキルを持っている人。

教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 人間の心理・社会的適応を深めるため、心理面接、心理検査、臨床心理学研究法の3つの柱からなるカリキュラムを提供しています。
  2. 財団法人日本臨床心理士資格認定協会の「1種指定校」の受験資格を満たす教育課程を編成しています。これにより臨床家および研究者としての実践能力、研究能力を習得します。
  3. 科目設計は、講義科目と演習科目を設けています。演習科目は、研究雑誌等をテキストに研究方法、実証的方法等を学び研究能力を身につけます。
  4. 臨床心理学は、実証的、実践的科学ですので多くの臨床実習を重視しており、ロールプレイ等の体験的学習を取り入れています。更に附属の「臨床心理相談室」「せんだんホスピタル」そして外部の医療機関、福祉機関等で実践的な理解を深めていくことをめざしています。
     臨床心理相談室はこちら

学修の評価、学位の授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

以下の用件を満たす院生に対して「修士」を授与します。

  1. 臨床心理学の研究視点を基盤として、対人援助の実践ができる専門家であること。
  2. 人間の尊厳を重視し、臨床心理学の実践において成熟した倫理観と専門的な知識を獲得していること。

クライエントとの面接は「舞台」。全神経を集中させてその場に挑む。

遊戯療法を通して子どもの心が見えてくる

大学院の福祉心理学専攻には2つの分野があります。1つは福祉心理学分野、もう1つは臨床心理学分野です。福祉心理学分野では、広く福祉に携わるにあたって、心理学的アプローチができる人材の育成を目標にしています。一方臨床心理学分野では、心に何らかの悩みや不安を持っている人の心理アセスメントと心理面接を行い、その人の心の特徴をつかんで、心の変容を目指すプロを養成します。

私の専門は臨床心理学ですので、心理療法の一つである「遊戯療法」についてお話ししましょう。これは思春期前半までの子どもを対象に行われる療法です。大人は心の動きを言葉で表現することができますが、子どもはそこまで至っていません。子どもは言葉の代わりに遊びを通して表現することが多いんです。

例えば、お父さん、お母さん、子どもの3つの人形を使って、ままごとをするとしましょう。その中でお母さんがいやに子どもに厳しく当たるとします。これがその子の日常経験なのです。我々は一緒に遊びながら、問題に気づき、場合によっては親の協力もしてもらいます。子どもの問題の背景にあるのは家族関係がほとんどですが、高学年になると友人関係も現れてきますね。

心をどう引き出しどう読み取るか。大学院で深く学ぶ

カウンセラーにとって面接室は、俳優で言えば「舞台」です。カウンセラーは、全神経を集中させてクライエントと共演する舞台に挑みます。「遊戯療法」は表面だけ見ていれば普通の遊びのようですが、我々は科学的視点を持って行っています。まず、クライエントの問題は何か、それを解決するにはどのような方法が合理的かという「見立て」(目標)を持ちます。遊戯療法の重要な点は、子どもを「遊ばせる」のではなく、いかに子どもに「遊んでもらうか」です。子どもがカウンセラーに心を開く関わりも大切ですが、「遊び」を通じてカウンセラーとクライエントとの心の相互作用が遊戯療法の質を決めます。そのためにはカウンセラーは、常に「見立て」に基づいた「遊び」につきあうよう心掛けます。

子どもの場合をお話しましたが、大人は、言葉を中心に行います。「見立て」と「面接過程」は、「ズレ」ますので、それを「カンファレンス」で深く学んでいきます。

履修モデル

本ページに関するお問い合わせ先

〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ヶ丘6丁目149番1号
東北福祉大学 ウェルコム21内 大学院事務室
TEL:022-727-2288 FAX:022-728-6420
E-Mail:graduate@tfu-mail.tfu.ac.jp

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.