1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 総合福祉学研究科
  4. 社会福祉学専攻
学部・大学院

社会福祉学専攻

概要(目的)

社会福祉に関連する分野で活躍できる高度な専門知識や技術を持つ研究者や実践者の養成を行っています。社会福祉学の修士課程には、社会福祉に関連する分野についての理論、制度・政策、実践を全般的に修学できる社会福祉学コースと現代社会の児童福祉問題を解決できる実践的な修学を目的とする児童福祉学コースを設けています。社会福祉学の博士課程では、社会福祉に関連する分野についての修士課程を修了した人を対象に、さらに研究者として高等教育機関や社会福祉に関連する研究所等において自立して研究活動を行うに必要な研究や知識の修学を目的としています。

入学に関する基本的な方針(アドミッション・ポリシー)

社会福祉学専攻修士課程:社会福祉に関連する学問分野において必要と思われる基本的な専門知識を修得していて、社会福祉に関連する諸問題を解決するための研究力あるいは実践力を修得することに意欲を持っている人を受け入れます。

社会福祉学専攻博士課程:修士課程を修了し、さらに研究者として高等教育機関や社会福祉に関連する研究所等において自立して研究活動を行うに必要な高度な研究あるいは豊かな知識の修得に主体的に取り組む意欲を持っている人を受け入れます。

教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

社会福祉学専攻修士課程:社会福祉に関連する学問分野の諸問題を解決するための研究力や実践力を修得すること及び学生の研究テーマに対応する個別指導を社会福祉学コース及び児童福祉学コースの共通の教育課程の編成方針としています。社会福祉学コースは、社会福祉の理論、制度・政策、実践についてオーソドックスな修得を目指し、児童福祉学コースは、現代社会の児童福祉問題の解決に取り組める研究及び実践的な力量の修得を目指しています。

社会福祉学専攻博士課程:修士課程の社会福祉学及び児童福祉学の何れのコースの教育課程を修学した人が、さらに、研究者として高等教育機関や社会福祉に関連する研究所等において自立して研究活動を行うに必要な高度な研究あるいは豊かな知識の修得を目指しています。特に修士課程から一貫した学生の研究テーマに対応する個別の研究指導を行っています。

学修の評価、学位の授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

社会福祉学専攻修士課程:修士課程の所定の科目を履修し、かつ社会福祉に関連する学問分野の諸問題を解決するための研究力や実践力を修得したと評価するに値する成果(修士論文)を提出できた人に修士の学位を授与します。

社会福祉学専攻博士課程:博士課程の所定の科目を履修し、かつ 研究者として高等教育機関や社会福祉に関連する研究所等において自立して研究活動を行うに必要な高度な研究あるいは豊かな知識の修得の評価に値する成果(博士論文)を提出できた人に博士の学位を授与します。原則として、社会福祉関連の学会などでの報告及び国際標準逐次刊行物番号(ISSN)を持つ刊行物掲載実績を複数回(3回以上)持つ人の成果(博士論文)であることが望ましい。

社会福祉も法律も、基本にあるのは人と社会との関係の理解であり、人という生物の理解です。

社会福祉の専門職に必要な法律理解の方法を学ぶ

志田 民吉 「社会福祉法制」「福祉法学」が専門。単に法学だけではなく、哲学領域に踏み込んだ人権論を考える

大学院社会福祉学専攻分野では、社会福祉の現場で活躍する高度な専門知識を有する人材の養成と、研究者の養成を行っています。それぞれに、高齢者福祉、児童福祉、障害者福祉などの分野があり、研究課題としてはそれぞれに制度や政策、実践に関係するものがあげられるでしょう。

私の専門は「社会福祉法制」です。社会福祉の世界は、実践と制度が両輪となって動いていますので、法(律)制度の知識は社会福祉を専門的に学ぶ学生にも欠かせないものです。が、法律の専門家を養成するのではありませんから、あくまでも社会福祉の専門職になるにあたって、必要な法律や制度の知識、考え方という視点から学んでいきます。

法律も福祉も「人間のためのもの」ですから、基本には「人間の理解」がなければなりません。特に福祉サービスの利用ニーズを持つ市民が日常の生活を営むために、どのような法(律)制度が必要であり、その制度をどのように解釈し、運用していったらよいのかを考えます。また、制度には作った国の文化が色濃く反映されます。ですから制度をうまく運用していくには、外国のものを形だけ持ってきてもなかなかしっくりとは行きません。日本社会の市民が少しでも幸せになるような、制度や解釈・運用方法を考え、理解をする必要があります。

一番大切なものを見極めること問題解決能力を身につけること

学生たちには、常に「大切なものは何なのか」を見極めて物事を考えられるようになってほしいと思います。例えば人間のための科学技術であって、技術の発展のために人間がいるのではありません。法も同じで、人の幸福のために法があるのであって、法のための人ではないのです。

またこれからの社会で重要になってくるのは、知識の量を誇るのではなく「問題解決能力を育てる」ことだと思います。肩に荷を背負っている人がいれば、その荷を下ろしてやり、楽になったという実感をその人に与えられる、そういう解決策が打てることこそが大事になってくるでしょう。単なる物知りではだめだということです。問われるのは考える力であり、考える深さです。

特に、大学院に進学して最高学府としての教養を身につけようという皆さんには、社会では最終的な問題解決の役割(期待)と責任が与えられるはずです。ぜひ、それにふさわしい人材に、自らを育てていってほしいと願っています。

履修系統図

本ページに関するお問い合わせ先

〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ヶ丘6丁目149番1号
東北福祉大学 ウェルコム21内 大学院事務室
TEL:022-727-2288 FAX:022-728-6420
E-Mail:graduate@tfu-mail.tfu.ac.jp

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.