1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 教育学研究科
  4. 新着情報詳細
学部・大学院

教育学研究科

修士論文構想発表会を実施


右側と手前が院生、左側が大学院教員
撮影日:10月22日

教育学研究科は、10月22日に、特別支援教育に関する研究に取り組んでいる8名の院生による「修士論文構想発表会」を実施しました。

この日に発表した院生は、いずれも今年度研究をスタートし、来年度末までに研究の成果を修士論文としてまとめる予定です。8名中6名は、若手あるいは中堅の現役教員で、それぞれ特別支援学校や小学校で特別支援教育に携わっています。フルタイムで仕事をしながらの勉学や研究活動は大変ですが、本学の教育学研究科では、社会人院生に対しては、授業や個別の研究指導を平日の夜間、土日祝日、夏休み・冬休みの長期休暇中に実施して、通学しやすいように配慮しています。一方、就労していない院生に対しては、平日の日中に授業や研究指導を実施しています。

この日の構想発表の内容は、障害児への指導に関する事例研究が多く、いずれも教育現場ですぐに役立つような実践的な研究でした。それぞれの院生の研究構想に対して、教育学研究科の専任教員より、さまざまな助言指導がありました。各院生は既に研究指導担当教員が決まっており、ふだんはその担当教員から個別指導を受けていますが、この日は他の教員から助言指導を受けることにより、さらに研究を発展させるための大きなヒントを得ることができました。また、あらかじめパワーポイントに要点をまとめ、大勢の前で緊張感を持って発表することで、学会発表の練習にもなりました。

この構想発表会から院生たちは良い刺激を受け、今後さらに努力を重ねて、良い研究をしていきたいと意気込んでいました。

公開日:2016年10月31日

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.