1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 教育学部 教育学科
学部・大学院

教育学部 教育学科

【学生報告】TFUギャラリーMini Moriのピーターラビット展 見学

東北福祉大学仙台駅東口キャンパスには,TFUギャラリー「Mini Mori」が設置されています.そこでは,現在,ピーターラビット展が開催されています.

ピーターラビット展は,「ピーターラビットのおはなし」という絵本の作者であるビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念した,国内最大規模の展覧会となっています.

三浦和美先生からお話を聞いて興味が湧き,ビアトリクスの世界観を感じるために3年ゼミ生で見学に行きました.

ピーラーラビット展は,2月1日まで開催されています.詳細は,Webをご覧下さい.
 http://www.tfu.ac.jp/minimori/

学生の感想

早坂 香保美

ピーターラビットの絵本は,子どもの頃読んだ思い出があり,懐かしい気持ちで観覧してきました.多くの作品の原画があり,どの作品にも美しい風景と可愛い動物たちがいて,見ていて夢中になりました.そして大人でもクスッと笑ってしまうようなお話があり,今でも大人から子どもまで愛される絵本である理由が分かった気がします.ビアトリクスの自然を愛し,大切しようとした生き方が絵本に表現されているように感じ,この世界観を多くの人に感じてもらいたいと思う展覧会でした.

田中 千智

絵本は色々な物語があり,とても深いものであることを今回のピーターラビット展を通して感じました.小さい頃何気なくかわいいうさぎが出てくる本ということだけで読んでいたように思います.20歳になった今,作者の人生や誕生の歴史,意味を今回知った上で,もう一度その絵本を読みたいと思いました.歴史の背景や作者の人生を分かって絵本を読むことは,また違う視点から色々な発見があり,楽しいことを学びました.もっとこのような展示会に積極的に参加し,自分の人生観に繋げていきたいです.

芳賀 健顕

ピーターラビットのおはなしは,第1巻目を読んだことがあるような・・とおぼろげな記憶でした.幼い時には難しさを感じていたものの,今回ピーターラビット展に行って,絵の可愛らしさと文章の面白さを実感し,また読んでみようと思いました.原画で作り出される素敵な空間でした.そして,長く愛されてきた作品であることを感じました.

(三浦ゼミ3年 早坂香保美)

公開日:2017年1月27日

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.