1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 教育学部 教育学科
学部・大学院

教育学部 教育学科

【学部報告】「教育実践活動Ⅰ(小学校)」 報告会を行いました(その1)


代表学生の発表


グループでの報告の様子

1月20日、「教育実践活動Ⅰ(小学校)」では、一年間の活動を振り返って報告会を行いました。

「教育実践活動」は、教育学部の特色ある活動の一つで、1年次から小学校の教育現場で5日間(または40時間以上)の活動を行うものです。主に、学生の出身小学校で受け入れていただいています。今年度も東北地方の小学校を中心に学生を受け入れていただき、充実した活動を行うことができました。

受講生全体で講義を行いましたが、ここでは、三浦グループの報告を行います。

まず、代表の学生 伊藤麗央さんが発表を行いました。

「この活動を通して、教員が児童の命を預かっている責任の重い仕事だということを実感しました。しかし、それ以上に児童の成長を見守り支えることのできる素敵な職業であると感じました。絶対に教員になるという強い決意ができました」。

学生たちは、伊藤さんの発表を頷きながら聞いていました。自分の思いと重なるところが多かったことと思います。

次に、3人1組になって活動の報告を行いました。活動した場所も時期も違うため、体験した内容もそれぞれの地域の特色のあるものだったことを報告し合っていました。

最後に、教員が活動記録の書き方等の再確認を行い、2年生でもこの講義で学んだことを活かして、教育について深く学んでほしいことを伝えました。

2007年度の着任以来10年間に亘って「教育実践活動」を担当してきました。特に、ここ3年間は1年生を担当しています。今年は137名ともっとも受講生が多く、「入学前からこの講義を受講したいと思っていた。」という声をたくさん聞きました。本学の「教育実践活動」に期待する学生の強い思いを知ることができました。

今後も学生へのきめ細かな指導を行い、入学間もない学生にとって「教育実践活動Ⅰ」が小学校教員を目指すための学びの機会となるよう支援していきたいと思います。

学生の感想

浅尾 麻衣さん

実践活動にあたっての指導だけでなく、漢字の書き方や言葉遣いなどの指導もしていただき、自分の未熟さに気づくことができた講義でした。これから何をしていかなければならないのか、課題が見つかったので、頑張っていきたいと思います。

衣袋 理佳さん

1年生の時から教育現場を見ることができ、より具体的に教員の職について学ぶことができました。

岩間 栄太さん

「教育実践活動Ⅰ」を選択し、教員の大変さや素晴らしさなど、たくさんのことを学ばせていただきました。来年もこの講義を選択して頑張りたいと思います。

遠藤 ひとみさん

児童の実態について理解することができました。今年学んだことを来年の実践活動や学校のボランティア、教育実習、そして将来に活かしていきたいです。

川村 雄輝さん

1年生から小学校で活動できる貴重な講義で、講義の中で児童との接し方や文書の書き方等も学習でき、将来に役立つ講義でした。

酒井 崚さん

5日間の経験により、教育に対する考え方も変わり、教員への憧れも一層高まりました。

佐々木 真実さん

教育実践活動を通して、今まで漠然としていた教員に対する考え方が大きく変わりました。視野を広げることができ、教員に対する思いも強くなりました。

佐藤 愛理さん

教育実践活動では、児童との接し方や、指導の方法など実践的な技術を学ぶことができました。また、お礼状の書き方や電話の仕方など、社会人としての教養も身に付けることができました。今後に大いに役立つ講義になりました。

公開日:2017年1月31日

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.