1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 教育学部 教育学科
学部・大学院

教育学部 教育学科

Scratchでプログラミング教育を行っています



プログラミングの秋ということで、山下ゼミでは10月から11月にかけてプログラミング教育を行っています.プログラミング教育は,次の小学校学習指導要領で必修化される見通しの新しい分野です.東北福祉大学のなかでも少しずつ対応が進められています.

山下ゼミのプログラミング教育は,Scratchと教育用レゴ・マインドストームを利用しています.Scratchは、無料で使用することができる簡易的なプログラミング言語です.レゴ・マインドストームは,プログラムが組み込めるように進化したレゴブロックです.今回はScratchを利用した取り組みを紹介します.

最初にScratch(https://scratch.mit.edu/)を利用して思い思いのクリスマスカードを作成してもらいました.Scratchを利用することで,紙のクリスマスカードとは違い,ゲーム要素を盛り込んだ動きのあるクリスマスカードの作成が可能です.クリスマスカードのデザインは、学生が自分で全て考えます.また,プログラミングの技法は最低限度しか教えませんから,失敗の連続です.プログラミング教育では、試行錯誤を重視しているので,みんな大変そうでしたが,最終的にはかわいいクリスマスカードが完成していました.

学生の感想

  • 自分の要求仕様通りにプログラミングできたときは楽しかったです。この「楽しい」が他の分野でも活かせるようにしたいです。作品を作ることは好きなので、プログラミングに慣れてからは面白かったです。機会があれば、またプログラミングに触れてみたいです。
  • 出来れば面白いのだろうなということには気づいているが、如何せん難しい。思うようにいかないことの方が多かったが、自分で試行錯誤してそれらしいものができると、なかなかにいいものだと思った.
公開日:2016年12月1日

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.