1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 教育学部 教育学科
学部・大学院

教育学部 教育学科

福島県で「学びの交流会」を行いました。


卒業生の発表


参加者の様子

10月29日午前、三浦ゼミは、福島県で「学びの交流会」を行いました。福島市小学校講師の立石茉由子さんが「2学期から学級担任をして」と題し発表しました。4月から講師として着任後、3年生の学級担任となり、そのなかでの「学び」を発表しました。

大学時代の学びで生きているのは、①教育相談の考え方や実際の対応の仕方、②防災士の資格取得、③ボランティア活動の3つです。学校現場に入ってから、これらのことを福祉大学で学ぶことができて本当によかったと感じているとのことでした。

特別支援学校に勤務している卒業生も参加し、元気に活躍している様子を聞くことができました。特別支援学校では特に保護者対応が大切、どれだけ保護者に寄り添えるかで児童の成長も変わってくるというアドバイスをもらいました。

教員の講話冒頭で最近の国見キャンパスを紹介し、過ごしやすい環境になった様子を伝えたところ、卒業生からは「懐かしい」「キャンパスの環境がとてもよくなっている」という声が聞かれ、大変喜ばれました。小学校社会科授業の実践を単元レベル、年間レベルで考える必要性について、「小4教育技術」に掲載した2つの単元(きょうどを開くと伝統的な工業のさかんな地域)を基に解説しました。

最後に、自由に話し合う時間を取り、さらに交流を深めました。参加した3年生は、「自分も福島県の教員になりたい。今日参加してよかった」といった感想が聞かれました。来年もこの時期に交流会を行うことを約束しました。

(「学びの交流会」は、東北福祉大学特別研究助成によって開催されました。)

公開日:2016年11月2日

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.