1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 教育学部 教育学科
学部・大学院

教育学部 教育学科

特別支援学校教育実習の様子


撮影日:9月12日


撮影日:9月29日

東北福祉大学教育学部では、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱の4領域の特別支援学校教員免許を取得することができます。特別支援学校では1クラスあたりの児童生徒数を少なく設定しており、子ども一人一人の特性に合わせたきめ細やかな指導が展開されています。

特別支援学校の教員免許取得を希望する学生は、全国各地の特別支援学校のご協力をいただき、4年次に2週間の教育実習を実施します。学生たちは、先生方の指導の様子を間近に見学したり、自分で計画を立てて授業を実践したりするなかで、特別支援教育の難しさとやりがいを見出していきます。そして、特別支援学校の教員になりたいという思いをさらに強くし、一回り大きく成長して大学に戻ってきます。

教育実習を終えた学生たちの声

4年 佐藤愛由美さん

先生方の障害児教育に対する熱意や、学校全体の温かい雰囲気に触れ、特別支援教育の魅力を感じました。また、先生方が根気強く、子どもたちの日常生活に必要な基本的生活習慣の指導に取り組んでいる姿を見て、子どもができるまで待つことの大切さを実感しました。この2週間の実習を通して、ますます特別支援学校で働きたいという思いが強くなりました。

4年 斎藤大司さん

2週間という短い期間でしたが、多くのことを学ぶことができました。普段、授業に集中することが難しいある生徒が、私の研究授業の「キャンドル作り」のときには集中して最後まで取り組んでいたので、とても嬉しく思いました。特別支援教育では、教材教具の選定や準備を入念に行って、生徒たちの興味関心を引くことが大事だと実感しました。

 

*写真はいずれも実習校の許可をいただいて掲載しております。

公開日:2016年10月7日

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.