1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 教育学部 教育学科
学部・大学院

教育学部 教育学科

七ヶ浜町でサマーフェスティバルを行いました!


8月18日(木)、七ヶ浜町立亦楽小学校でサマーフェスティバルが行われました。これは、七ヶ浜町教育委員会と東北福祉大学との連携事業、震災復興支援として2014年度から実施され、今年で3年目を迎えるイベントです。今年は町内3つの小学校から参加した子どもたちは延べ120名でした。また、学生の参加は144名で、なかには県外から参加したOBもいました。

うちわづくり、風鈴づくり、ストラックアウト、ボーリング、ペットボトルロケットなど、ゼミごとに子どもたちが楽しく活動できる内容を工夫して考え、準備してきました。体育館や校庭に設定された各ブースからは子どもたちの元気な歓声が聞こえていました。お昼の時間には、渡会ゼミの演奏発表があり、一緒に音楽を聞いたり、フォークダンスを踊ったりしました。

子どもたちは、午後3時の閉会時間ぎりぎりまで夢中になって活動していました。これから保育士・教員を目指す学生にとっても貴重な体験となりました。

学生の感想


渡辺 祐貴さん(初等・青木ゼミ)

インターネットでうちわづくりの材料を調べました。子どもたちの方がゼロの数字を顔に見立てたり、模様を工夫したり面白いアイディアを持っているので、驚きました。夏にちょうど使えるものだったので、よかったと思います。

山本 若菜さん(中等・安藤ゼミ)

風鈴は作り方が難しかったですが、作り終わったら子どもたちが喜んでくれてうれしかったです。いつもは中学生や高校生を教える目線でいましたが、小学生と接することはとても勉強になりました。

中野 美緒さん(初等・渡会ゼミ)

このサマーフェスティバルに初めて参加しました。子どもたちと触れ合うことが楽しいと感じました。演奏をしてみて学ぶことが多かったです。

阿部 拓哉さん(初等・白井ゼミ)

前日台風のため準備に参加できなかったが、今日を無事迎えられてよかったです。液体を使って「うちゅうじんのたまご」をつくるという活動でしたが、子どもたちが液体を触った時に「すごい!」と言ってくれてうれしかったです。

安田早苗さん(初等・和田ゼミ)

いろいろな学年の子どもたちが来てくれてうれしかったです。スーパーボールすくいは子どもたちに人気があって午前中でなくなって終了しました。臨機応変に対応することが難しいと感じました。

参加ゼミと活動内容

青木ゼミ(うちわづくり)、安藤ゼミ(ペットボトルでうちわづくり)、石原ゼミ(スライムづくり、ストラックアウト、キャンドルづくり)、上條ゼミ(写真立て作り)、熊谷ゼミ(紫キャベツで色水作り)、小石川ゼミ(マイコップ作り、モーターブラシ、ペットボトルロケット)、白井ゼミ(宇宙人の卵作り)、土生ゼミ(ペットボトルでスノードーム)、黄ゼミ(つりぼり・ボーリング)、三浦ゼミ(言葉の貯金箱)、渡会ゼミ(楽器作り体験、コンサート)、和田ゼミ(ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい)

公開日:2016年9月16日

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.