1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 教育学部 教育学科
学部・大学院

教育学部 教育学科

小学校教育実習に向けて模擬授業を行いました!



新年度がスタートした4月1日、「小学校教育実習の事前事後指導」受講の学生で、前期に教育実習を行う学生たちが模擬授業を行いました。5月連休明けからすぐ教育実習が始まる学生もいるため、例年前期の教育実習予定者は、春休みのこの時期に模擬授業を行っています。

昨年度はグループで授業作りを行いましたが、今回は指導案作成、授業の準備を全て一人で行うことで、より実践的な学びとなりました。

授業に必要な教材を手作りしたり、ワークシートを準備したりして、どの学生も一生懸命取り組んでいました。また、学生の指導は、小学校教員経験者5名が担当しました。

本学ではこのように学生一人ひとりが授業作りに真剣に向き合い、実践力ある教員へと成長できるよう支援を行っています。

参加した学生の感想



4年 渡部 葵さん

今回の模擬授業では、改めて授業作りの難しさを感じました。授業を展開する上で、説明を行うべきところや説明を行うタイミング、児童の考えを引き出すための発問の仕方をもっと考える必要があると思いました。また、話すときには短い言葉で話すことや、声のトーンに気をつけること、学年に合わせたスピードで話すことが大切なのだと学びました。4人の模擬授業を見て、教科書の音読の方法や、導入の展開方法等参考にできることも多くあったので、これから授業を作る際にはぜひ取り入れていきたいと思いました。

3年 渡邊 美奈穂さん

2回目の模擬授業をやってみて、やはり授業を行うことは難しいと思いました。授業の準備として、自分一人で何度か通しで練習を行いましたが、実際に模擬授業を行う時には臨機応変に言葉選びをしなければなりませんでした。また、子どもに考えさせる場面や、子どもに発言させる機会がなくならないように考えなければないことを今回学ぶことができました。模擬授業は回数を重ねるごとに、自分自身のなかでの学びが増えていき、成長したなと思える部分も出てくるので、やりがいがあると感じました。

4年 原田 駿さん

模擬授業を通して、自分の授業だけでなく、他の人の授業からも多くのことを学びました。発問をする際には「気付いたことはありますか」といった抽象的な表現ではなく、より具体的な言葉で発問をすることが大切だと学んだことが今回の大きな収穫でした。また、「授業の流れがスムーズです」と先生から褒めていただけたことがとても嬉しく、自信になりました。今回の学びを実習、教員採用試験、そして、教員になってからの授業に活かせるよう努力を続けていきたいと思います。

公開日:2016年4月15日

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.