1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 副専攻
学部・大学院

副専攻

東北福祉大学では、入学した学科の専攻(主専攻)とは別に、もう1つの専門分野を「副専攻」として学び、修めることができます。主専攻の学科に関わり無く、副専攻課程の選択は自由なので、自分のキャリアプランや興味の方向に合わせて選ぶことができます。
 ※「副専攻」は「総合福祉学部」・「総合マネジメント学部」のみに対応したシステムです。
 ※臨床美術課程は、「健康科学部医療経営管理学科」でも履修可能です。
 ※救急救命士課程は、「医療経営管理学科」「福祉行政学科」「産業福祉マネジメント学科」「情報福祉マネジメント学科」の選択学生のみです。

感性デザイン課程

デザインセンスを福祉の分野にいかす。

福祉情報を正確かつ的確に伝えていくために、アニメーションを用いるなど視覚的な手法が注目されています。複雑な制度や介護サービスの内容、健康アドバイスなどをアニメーションやCGを使って表現することを学びます。レベルの高い講義内容です。

福祉観光課程

高齢者、障害者のための新しい旅のニーズに対応。

バリアフリーを謳う施設が増えてきたとはいえ、まだまだ一部。高齢者・障害者も気持ちよく旅行したいという当然のニーズに、旅客産業がまだ応えられない現状をふまえ、この分野で福祉のマインドをいかせるスペシャリストを養成します。福祉旅行に必要なホスピタリティーサービスを考え、学び、国家資格の「旅行業務取扱主任」(「国内」と「一般」の2種類)の取得を目指します。

スポーツマネジメント課程

スポーツの仕事で地域社会の福祉を健康的に支える。

高齢者の身体管理を含めた専門的な知識と技術を学びます。高齢者や障害者のためのスポーツイベントの企画運営や、施設の管理、あるいはNPO(民間非営利組織)としてスポーツ経営体の運営に携わる人材を育成します。リハビリテーションやコーチングからスポーツ医学、スポーツ心理学など多彩な内容が学べます。

臨床美術課程

美術の力で認知症高齢者や自閉症児に対する新しいアプローチを学ぶ。

臨床美術では絵画や彫刻、陶芸を楽しむことで脳の活性化を促します。独自のカリキュラムに沿って、脳の活性化についての専門的なスキルを修得します。この課程では認定試験受験資格である「臨床美術史4・5級(准臨床美術士)」の取得をめざし、この療法を実践出来る人材を養成します。

社会貢献活動支援士課程

社会に貢献できるマインドと能力をもち実行出来る人材を育てる。

東北福祉大学と工学院大学、神戸学院大学共通のカリキュラムに沿い、「社会貢献活動支援士」の資格取得を目指します。防災・減災、ボランティア、国際協力、環境などの実践的な専門的知識と技能を身につけ、災害やボランティアの現場、地域社会でリーダーシップをとり活動することができる人材を育成します。

デジタルコンテンツアセッサ(DCA)課程

デジタルコンテンツアセッサとして、WebやSNSを安全・安心に活用できるようになる。

「青少年インターネット環境整備法」に定める「特定サーバー管理者」に必要な知識を学び、WebやSNSを安全・安心に活用できる資格としてのデジタルコンテンツアセッサ(DCA)資格を取得します。この課程では、ユーザーレベルであるDCA3級の申請資格が取得できます。

救急救命士課程

的確な判断力と実践的な応用力を身に付け「いのち」を支える。

緊急患者を病院へと移送する救急車の車内において、医師の指示の下に救急救命処置を施し、速やかに病院へ搬送することを目的とした国家資格「救急救命士」の取得を目指します。相手の立場に立って物事が考えられる人間性を高めるとともに、各種実習を通して、的確な判断力と実践的な応用力を身につけます。

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.