1. ホーム
  2. 学部・大学院トップ
  3. 子ども科学部
  4. 子ども教育学科
学部・大学院

子ども教育学科

学部学科の再編により募集を停止します。子ども教育学科は教育学部教育学科に統合されました。
※このページは平成26年時点の内容です。

子ども教育学科とは

学科長 岡田 清一

子ども教育学科は、2006年4月にスタートした学科です。新しく生まれた学科ではあっても、東北福祉大学だからこそつくることができた「教育」の学科であるといえます。なぜなら東北福祉大学には、これまで福祉の総合大学として培ってきた伝統と実績、そしてノウハウという強みがあるからです。具体的にいえば総合福祉学部でこれまで多くの特別支援学校の教員を輩出してきた実績があります。また福祉心理学科で大切に育まれてきた各分野におけるコミュニケーション能力は、これからのすべての教育者に必要とされるものです。保育士・幼稚園教諭・小中学校教諭・特別支援学校教諭、そのいずれであっても、単に教える技術だけでは役に立ちません。現代社会では教育を通して交流する相手は子どもだけではなく、保護者であり地域社会でもあります。コミュニケーションする力こそ、教育者に求められる能力です。つまり東北福祉大学において、教員養成に主眼をおいた学科をスタートさせることはごく自然の流れであったといえるでしょう。

福祉の視点から、子どもの健やかな成長を
サポートできる優秀なスペシャリストを養成します。

早くから教育の現場に触れること。教育者としての成長を促す貴重な経験。

社会のあらゆる分野で共通していえることですが、「現場」ではその時々で自分で判断しなければなりません。実際にはマニュアルでは解決しないことの方が多いものなのです。それは教育の現場でも同じこと。学生であるあなたが、あくまで「研修」として学校に行っても、子どもたちにとってはやっぱり「先生」。若いからこそ身近に感じ、思いをダイレクトにぶつけてくるかもしれません。無邪気に感情を向けられたとき「大学で習っていないから」とはいえませんね。実はその「緊張感」こそ、成長を促す大切な機会でもあるのです。

東北福祉大学では、「行学一如」をかかげ実践しようとする姿勢を大切にしています。1年次から地域の学校など教育の現場に行くことになります。早い段階で子どもから自分がどう見られているかを意識することは重要です。現場からもどり、その成果を講義やゼミでまとめ、知識と経験をさらに高めていきます。それを繰り返すことで、「教育実習」には、自信をもって臨むことが可能となります。

幅広いカリキュラムで、子どもの全体像を理解できる人材を養成。

いま学校の現場では学習障害や多動性障害などさまざまな課題があります。また社会に目を移せば安心・安全の問題が語られています。それらは子どもに対しての問題だけでなく、保護者や地域社会と一緒になって取り組んでいかなければならないものです。そのためには社会のすべての人が幸せに暮らせることを目指す「福祉」の視点が欠かせません。本学科では、子どもを理解するうえで必要な講義・演習・実習などを幅広く用意しています。教員免許取得は目的ではなく、その入り口に過ぎません。子どもの安全で健康的な生活・環境を実現するための実践力を身につけることを目指します。

「学ぶ楽しさ、知る喜び」を伝えられる知識と方法論を身に付けた人材に。

学校とは基本的に「知識の伝達の場」、教育者は教科の専門知識の修得が不可欠です。同時に「学ぶ楽しさ、知る喜び」を伝える方法論を身に付けてほしいと考えます。教科の専門性を高める科目と併せて、総合学習を視野に入れた科目も設置しています。さらに総合福祉学部との連携により、福祉系科目・特別支援教育系科目・心理学系科目を共有し、子どもの全体像を科学的に理解していきます。

本学科のポリシー

入学に関する基本的な方針(アドミッション・ポリシー)

子どもを取りまく日常生活や周辺環境で生じる諸問題を広い視野でとらえ深く理解し対処できる力が必要になります。そのため、入学後の学習や実践に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有する意欲的な学生の入学を期待します。

教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

保育士や教員としての情熱や責任感を育むとともに、子どもを科学的に理解する上で必要な講義・演習・実習などを用意。さらに、福祉系科目・特別支援教育系科目・心理学系科目なども幅広く学び、子ども支援を総合的に理解できるカリキュラムとしています。

学修の評価、学位の授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー)

「考える楽しさ」「学ぶ喜び」を伝える専門職として、子ども一人ひとりの発達の特徴や遅れの本質を理解し適切に対応、学んだ諸能力を現場で効果的かつ柔軟に発揮して実践、子どもや保護者を受容的に支援、自らの「学び」を土台に自ら考えたことや実践したことについて省察する能力を有する学生に学位を授与します。

カリキュラム

履修モデル

履修モデルとはカリキュラム・ポリシーを具現化するために作られた、学びの歩みを描いた道順のことです。学生の皆さんは、それぞれの進むべきコースを見定めつつ、この履修モデルを一つの手掛かりとして、自分自身の学びに適した履修をしていきます。

履修系統図

履修系統図とは、身につける知識・能力と授業科目の対応関係、科目区分間、授業科目間の関係性や履修順序(配当年次)等を示した図です。この図を用いることで、授業科目を体系的に履修することができます。

取得できる資格

☆:卒業後、1年以上社会教育主事補にあったものが、社会教育主事任用資格取得

活躍が期待できる場

児童養護施設、児童館、公立・私立小学校、市町村の教育委員会、社会教育施設

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.