1. ホーム
  2. 学生生活トップ
  3. 履修支援
学生生活

履修支援

リエゾンゼミⅠでの履修指導、Webテキストの「履修について知ろう」、履修Q&A、リエゾンゼミⅠの主担任・副担任・ピアメンター・学修創造支援室の各学科支援員・教務課の教職員による履修相談、「履修登録チェック」による履修確認を行い、履修について積極的に支援しています。また、科目ナンバリング、履修系統図、履修モデルなどにより、履修を支援しています。

履修Q&A

総合基礎教育課程

総合福祉学部

総合マネジメント学部

健康科学部

付録

ユニバーサルパスポート単位取得状況の見方について

リエゾンゼミⅠでの履修指導

リエゾンゼミⅠの授業の中で、履修の仕方及び注意する点について説明し、質問に答えます。

Webテキストの「履修について知ろう」

Webテキスト「リエゾンゼミ・ナビ『学びとの出会い』」の第1章第4節「履修について知ろう」をご覧ください。

科目ナンバリング

授業科目の番号と分類により、学修の段階や順序等がわかるようになっています。なお、難易度レベルは必ずしも履修学年と同じではありませんので、ご注意下さい。

1列目 学部・大学院の区分
1~9 学部
M 大学院修士課程
D 大学院博士課程
5列目 科目区分 難易度レベル
1 総合基礎科目 総合・基礎レベル
2 専門教育科目・資格科目 初級レベル
3 中級レベル
4 上級レベル
5 統合レベル
9 その他(レベル分けができない科目など)
6列目 科目区分
2 総合基礎科目、専門教育科目
7 資格科目(卒業所要単位に含まれない)

履修系統図

履修系統図とは、身につける知識・能力と授業科目の対応関係、科目区分間、授業科目間の関係性や履修順序(配当年次)等を示した図です。この図を用いることで、授業科目を体系的に履修することができます。

学科のホームページの「カリキュラム」のところに掲載されています。

履修モデル

履修モデルとは、学びの歩みを描いた道順のことです。履修モデルを踏まえて、卒業までにどのような科目を履修していったらよいのか、知ることができます。

学科のホームページの「カリキュラム」のところに掲載されています。

履修相談

リエゾンゼミⅠの主担任・副担任・ピアメンター(先輩学生)、学修創造支援室の各学科支援員、教務課の教職員が相談に応じています。学修創造支援室については、学修支援をご覧ください。

履修登録チェック

Webサービス学生支援システム「ユニバーサル・パスポート」の「マイステップ」の「履修登録チェック」を用いて、履修ミスがないかどうかを確認できます。「マイステップ」の使い方については、Webテキスト「リエゾンゼミ・ナビ『学びとの出会い』」の第1章第8節「Web版マイステップ・リエゾンポートフォリオを活用しよう」をご覧ください。

本ページに関するお問い合わせ先

〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1丁目8番1号
東北福祉大学 教務部教務課
TEL:022-717-3315 FAX:022-301-1280

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.