Tohoku Fukushi University

よくある質問

Q.どんな人が受講するのですか?

 自治体の防災担当者、自主防災組織など地域の防災リーダー、ボランティア活動者、小・中・高校・大学教職員、企業の防災担当者、県・市議会議員、郵便局長、消防団員、婦人防火クラブ員、自衛隊員、主婦、学生、新聞・放送のメディア関係者などの方々が受講しています。

Q.研修講座内容の難易度はどの程度でしょうか?

 東北福祉大学の教授をはじめとした講師陣が、福祉や医療、ボランティア、防災に関する幅広い分野を分かりやすく講義いたします。

Q.受講に備えた事前学習はどんな内容ですか?

 防災士研修講座テキスト「防災士教本」を読み、31講目の「履修確認レポート」を作成していただきます。目安として1日2時間位の学習で、10日間程度の分量です。

Q.試験はどんな形で出題されますか?

 試験は三択式で30問出題されます。試験時間は50分、21問以上正解した方が合格となります。