Tohoku Fukushi University

資格取得までの流れ

防災士になるために必要な条件

  • 大学等の認定研修機関で研修を修了すること
  • 普通救急救命講習を修了すること
  • 防災士資格試験に合格すること

資格申請の代行

本学が日本防災士機構への資格申請を代行いたします。

研修講座の内容

自宅学習

お申し込みを頂いた方に「防災士教本」(日本防災士機構・編)ほか教材一式を、会場研修の3~4週間前にお送りします。会場研修までの間に、ご自宅で学習に取り組み、穴埋め式のレポートを完成させてください。

会場研修

2日間の会場研修を受講していただきます。特色ある講師陣の講義により、「防災士教本」で自習した内容をより深く学びます。

【カリキュラム例】

1日目 2日目
8:30〜8:50 開講式 8:45〜9:00 防災ビデオ上映
9:00〜10:00 災害医療 9:00〜10:00 災害情報と報道
10:10〜11:10 行政の災害対応 10:10〜11:10 被害想定ハザードマップ
11:20〜12:20 近年の自然災害に学ぶ 11:20〜12:20 避難と避難行動
12:20〜13:20 昼休み 12:20〜13:20 昼休み
13:20〜14:20 地震のしくみ 13:20〜14:20 耐震診断と補強
14:30〜15:30 津波のしくみ 14:30〜15:30 身近で出来る防災対策
15:40〜16:40 災害とボランティア 15:40〜16:40 防災士の役割
16:50〜18:50 避難所の開設と運営 17:00〜18:00 資格取得試験

※開講日程により科目が変更となる場合があります。
※太字は東北福祉大学の特色を生かした科目