Tohoku Fukushi University

2016年度青森県同窓会のご報告

第17回青森県同窓会(国見会)が7月2日、青森市のホテル青森で開催された。35名の同窓生と大学から健康科学部医療経営管理学科の伊藤恒敏教授と菅本昭夫同窓会長が出席。総会では、昨年度の事業・決算報告、今年度の事業案・予算案などが審議され承認を得た。また今年で6回目となる東日本大震災復興支援金が一ノ渡康勝青森県同窓会副会長(昭42社福卒)より菅本同窓会長に贈呈された。

伊藤恒敏教授から「地域医療・医師不足」~東北福祉大学はなぜ医学部新設から撤退したのか~をテーマ講演を頂き、菅本同窓会長が、復興支援金の御礼と大学の近況報告(特に仙山線の駅から私道を通る際の苦情・裁判の行方についても詳しく)をして頂いた。親睦会では、和気あいあいの中、予定時間を30分もオーバーして20時30分まで交流を図り、それでも足りなくて先生2名を含め半数以上の同窓生が2次会の場、青森市本町のネオンの中に消えていった。

氏名・住所変更 各種証明書発行