1. ホーム
  2. 入試情報トップ
  3. アドミッションポリシー
ニュース

アドミッションポリシー

「行学一如」(理論と実践の融合)の建学の精神に則り、高潔な人格と豊かな教養を養い、福祉・企業・行政・教育・保健医療などの領域を担う有為な人材を育成することを目的とし、人類の幸福と国際社会の発展に貢献しようという意思と意欲をもつ人物を募集します。

  1. 本学で学ぶことを強く希望し、将来、福祉・企業・行政・教育・保健医療などの分野で活躍したいと考えている者。
  2. 社会的な奉仕活動などを通じ広く評価を得ている者。
  3. 学術・文化・芸術・スポーツなどの分野において卓越した成績を有し、その能力を福祉・企業・行政・教育・保健医療などの分野でもいかそうとする者。

Ⅰ. 総合福祉学部

総合福祉学部では建学の精神「行学一如」に則り、「理論知」と「実践知」の調和をめざします。アドミッショ ン・ポリシーとして「理論」と「実践」に対応しうる能力、意欲、適性、社会的経験(ボランティアなど)などを提示します。例えばアドミッションズ・オフィス(AO)入試においては、基礎学力を第一次選考で課しています。第二次選考は「実践知」のためのディスカッション能力、コミュニケーション能力、社会との適応、意欲、目的意識などを判断基準としています。プレアドミッション教育(入学前教育)はレポート(ボランティア活動の経験など)、小論文(課題を与える)、課題図書など「読む力」、「書く力」、「表現する力」を育成しながら大学への動機付けを行っています。

①社会福祉学科

社会福祉の学びの究極は人間を理解することです。このような学びのためにも人間への深い関心と幅広い視野が必要です。そこで、人間や社会に対する関心と探究心に富む学生、社会に貢献する意欲のある学生、そして他者とともに考え、ともに行動することに喜びを見いだせる学生の入学を期待します。

②福祉心理学科

人びとの幸福の追求や生活の質の向上のため、心理実践力を活用することができ、人や社会について広い関心をもち続け、主体性をもって社会的、心理的課題の解決に努力することを求めます。また、柔軟な思考力と深い共感力、多角的な想像力、豊かな表現力を身に付けるために、心理学の知識、技術と、科学的思考力や判断力を修得するための努力を惜しまない学生の入学を期待します。

③福祉行政学科

これからの時代には、「福祉」の視点を土台に据え、地域の諸課題に主体的に対応できる幅広い問題提起と確かなプランニングを行える行政の担い手が求められています。そこで、社会福祉、環境・都市問題に関し深く学び、地域自治や地域社会に関心をもち、地域の発展に寄与する意欲のある学生、自治行政について深く追求する意欲のある学生の入学を期待します。

Ⅱ. 総合マネジメント学部

総合マネジメント学部は「企業」、「行政」、「福祉」、「医療」など幅広い職業人の育成を目的とし、そのためのマネジメント能力を育成します。
 アドミッション・ポリシーとして求めるものは「将来像をもつ進路意識」、「学びに対してポジティブな姿勢」、「ビジョンの形成」、「公共性・倫理観」などです。
 入学試験においてもそれらの資質を考慮します。特に、アドミッションズ・オフィス(AO)入試、推薦入試などにおいてポリシーに対する適性、能力などを選考の基準にしています。

①産業福祉マネジメント学科

企業について研究する企業マネジメントコース、災害および復興などをいかにマネジメントするかを学ぶ地域共創コースの2コースで、リーダーシップを発揮できる自立(自律)した人になれる学生の入学を期待します。

②情報福祉マネジメント学科

将来、情報科学を活用して人や地域社会に貢献したいというボランティア精神を有し、さらに、ソフト開発やスマートフォンのアプリ制作、デザイン表現、マネジメントなどに強い興味があり、それらの制作や実践を通してコミュニケ ーション力、プレゼンテーション力、マネジメント力、チームワーク力、問題解決能力などを修得しようとする学生の入学を期待します。

Ⅲ. 教育学部

保育・教育にかかわる者として、乳幼児・児童・生徒をとりまく日常生活や周辺環境で生じる諸課題を広い視野でとらえ、深く理解し対応できる力が必要になります。そのため、入学後の学修や実践に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有し、それらを自律的な学修によって伸ばしていこうとする向上心と意欲、さらに保育・教育に貢献していこうとする使命感を有する学生の入学を期待します。そのため、アドミッションズ・オフィス(AO)入試では、基礎学力を第一次選考で課しています。第二次選考では、プレゼンテーション能力を、面接ではコミュニケーショ ン能力をそれぞれ確認しています。

①教育学科(初等教育専攻・中等教育専攻)

将来、保育・教育にかかわる者として、入学後の学修や実践に必要な基礎学力としての知識や実技能力を有し、それらを自律的な学修によって伸ばしていこうとする向上心と意欲、さらに保育・教育に貢献していこうとする使命感を有する学生の入学を期待します。


Ⅳ. 健康科学部

健康科学部は、「看護」、「リハビリテーション」、「医療情報や管理経営」の分野における医療専門職の養成を行っています。その基本姿勢は、福祉のこころを基盤として、子どもから高齢者に至るすべての人の健康を守るとです。そこで本学部では、現代における我が国や国際社会の保健・医療・福祉に関するさまざまな問題に関心をもち、その問題解決のために社会貢献をめざそうとする学生を求めます。そのような医療専門職をめざすうえで、使命感、倫理観、社会的責任感をもち、福祉のこころで人に接することができるように自らの人間性を高めることが期待でき、医学的知識を身に付け、それに基づいた科学的思考と実践能力を向上させることに強い意欲をもち続けることができる学生の入学を期待しています。

①保健看護学科

ヒューマニティやノーマライゼーションを基本に、「生命の尊厳」「人としての尊厳」を基盤として、すべての人を対象に、ヒューマンケアの思想を保健・医療・福祉の現場で実践できる能力を身に付けようとする学生の入学を期待し ます。

②リハビリテーション学科

[作業療法学専攻]

人の生活を支援することから傾聴する姿勢や親しみやすい人柄などの人間性と、高い責任感、使命感、科学的思考や探求心をもった学生を求めています。入学後、医学的知識基盤をもつ必要性から生物などの理系科目をしっかり学ぶ姿勢のある学生の入学を期待します。

[理学療法学専攻]

ヘルスケアを担う専門職として高度な知識と技術を修得するため、科学的探究心、協調性、使命感をもった学生を求めており、生物・物理・化学の基礎知識を有する人、コミュニケーションをとり人間関係がつくれる人、入学後も自己研鑽ができる学生の入学を期待します。

③医療経営管理学科

東北福祉大学の教育理念に共感し、医学医療・経営学・情報学に興味があり、現代における保健・医療・福祉のいろいろな課題に関心をもち、その問題解決に積極的に貢献しようとする学生の入学を期待します。

本ページに関するお問い合わせ先

東北福祉大学 入学センター
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1-8-1
TEL:022-717-3312 E-Mail:nyushi@tfu-mail.tfu.ac.jp

Copyright © Tohoku Fukushi University. All rights reserved.